プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年5月 | メイン | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

パスタランチの①オリーヴオイルソースが今日から変わります


newツナとしめじと小松菜のスパゲッティ
やわらかくてやさしいツナの食感としめじのプリッとした食感、さらに小松菜のシャキシャキとした食感が合わさってハーモニーを奏でていますgoodキリっと冷えたスプマンテ、モンテベッロ・スプマンテ・ブリュット・オーロといかがでしょうかグラス\600です

2011年6月29日 (水)

パスタランチの②トマトソースが明日から変わります


newオクラと長芋と塩漬け豚のスパゲッティ トマトソース
旬のオクラのヌルッとした食感に、これまた長芋のヌルッと&サクッとした食感good味のアクセントには塩漬けした豚のほほ肉deliciousバランスのよい夏のパスタメニューです。

ちょっと豆知識memo生でも茹でても焼いても揚げてもおいしいオクラですが、原産地はアフリカ北東部で、熱帯から温帯で栽培されています。寒さに弱いために、日本では一年草になっています。刻んだ時の粘り気の正体は、ペクチン、アラピン、ガラクタンという食物繊維で、コレステロールを減らす効果があるそうです。他にも、ビタミンA、B1、B2、C、ミネラル、カルシウム、カリウムなどが含まれ、夏ばて防止や整腸作用などに効果があるそうです。

2011年6月28日 (火)

本日の黒板メニューから一品


restaurantよこわのカルパッチョ\880
クロマグロの幼魚「よこわ」をあっさりとカルパッチョでどうぞgood
キリッと冷えた白ワインのソーヴィニヨン・アルト・アディジェ ラーンといかがでしょうか。グラス\1,000です。

2011年6月27日 (月)

パスタランチの①オリーヴオイルソースが明日から変わります


newたこと空芯菜と赤しそのスパゲッティ
もちもちとした、たこの食感と空芯菜のシャキシャキとした食感に赤しその風味が合わさってgoodキリっと冷えた白ワイン、イスキア島のフォラステラといかがでしょうか。グラス\1,000です。

ちょっと豆知識memo空芯菜は中国が原産といわれている野菜で東南アジアで広く栽培されています。筒のように茎の中心が空洞になっているため、この名前が付いたそうです。ほうれん草の約4倍のカルシウム、約5倍のビタミンA、約2倍のビタミンB、ビタミンC、が含まれているそうです。

2011年6月23日 (木)

パスタランチの③クリームソースが今日から変わります


new鶏ミンチ肉とグリーンピースのスパゲッティ クリームソース
鶏ミンチ肉と野菜をクリーミーにそしてミートソースのように仕上げたソースgoodやさしい口当たりと甘味、旨味。アクアセントにグリーンピースを加えてdeliciousこのひつこくないクリームソースを是非ご賞味下さい。
キリッと冷えた辛口白ワインのシャルドネ・アルト・アディジェ メロールといかがでしょうか。グラス\750です。

2011年6月22日 (水)

パスタランチの②トマトソースが今日から変わります


newトリッパとブロッコリのスパゲッティ トマトソース
トリッパは何時間もかけて香味野菜と一緒に下茹でをして、香味野菜やトマトソース、さらにスーゴも加え、グツグツとじっくりと煮込みます。煮込むと柔らかさとうまみが増し、モツらしい独特の食感good臭みは完全になくなっています。シチリア島の赤ワイン、フラッパート&シラーといかがでしょうか。グラス\650です。

ちょっと豆知識memo牛には胃袋が4つあります。第1胃はミノ、第2胃はハチノス、第3胃はセンマイ、第4胃はギアラといいます。第2の胃袋ハチノスがトリッパです。表面が網の目のようになっていてそれが「蜂の巣」のようなので、ハチノスと呼ばれています。イタリアでは北部を中心によく食べられています。

2011年6月21日 (火)

パスタランチの①オリーヴオイルソースが明日から変わります


new海老と黒オリーヴとセロリのスパゲッティ
プリッとした海老の食感に爽やかな黒オリーヴの味わいと、よくソースになじんでいるセロリ。地中海沿岸の味ですgood今日の大阪は大雨の後、一気に晴れ間が見えてますが、そんな初夏にぴったりの味わいに仕上がっています。キリっと冷えた白ワイン、イスキア島のフォラステラといかがでしょうか。グラス\1,000です。

2011年6月20日 (月)

サンクト・ヴァレンティンのセカンド?とは思えない高品質白ワイン


シャルドネ・アルト・アディジェ メロール ’09

(産地)トレンティーノ・アルト・アディジェ州 (造り手)サン・ミケーレ・アッピアーノ
(葡萄品種)シャルドネ
アルプスの麓、北イタリアは高品質な白ワインの銘産地です。薄緑を帯びた輝きのある黄金色。フレッシュな青りんごのアロマ。柑橘系からパイナップルへと移行するブーケ。フルーティでいきいきとした味わい。酸味となめらかさのバランスが絶妙なエレガントで心地良い、フルボディの白ワイン。サーモンのマリネ\680やりんごとゴルゴンゾーラのサラダ\1,080などといかがでしょうか。restaurantボトル\5,400です。

2011年6月16日 (木)

シャンパンちゃいまっせ


ブリュット・トレント・メトド・クラッシコ キュヴェ・アンドレア・ダルコ                 

(産地)トレンティーノ・アルト・アディジェ州 (造り手)コンティ・ダルコ
(葡萄品種)シャルドネ90%/ピノ・ネロ10%
シャンパンと同じ製法の瓶内二次発酵で造られます。泡は木目細かく長く続きます。ブーケは繊細で香り高く、白い花や麝香、そしてパンの皮を感じさせます。味わいはエレガントで調和がとれた辛口、アフターにりんごとアーモンドの風味が感じられます。restaurantボトル\5,000です。

ちょっと豆知識memo「シャンパン」とはピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネを用いて(いずれか1種の場合もある)シャンパーニュ方式(瓶内2次発酵方式)で造られたスパークリングワイン。尚且つ、パリの140km東にある葡萄栽培面積約28000haのシャンパーニュ地方で造られたもの。品質の優劣に関わらず、それ以外の地域で造られたスパークリングワインは「シャンパン」を名乗ることはできません。皆さんのご存知の飲食店で「スパークリングワイン=シャンパン」のお店がありましたら注意してあげて下さいsmile

2011年6月15日 (水)

パスタランチの②トマトソースが今日から変わります


newツナとほうれん草とドライトマトのスパゲッティ トマトソース
パスタの具の定番のひとつ、ツナにシャキっとした食感のほうれん草とドライトマトの甘味を加えてgood 夏本番sunになると酸味のきいたトマトソースがほしくなりますが一歩手前のこの季節、ドライトマトとオリーヴオイルを加えたマイルドなトマトソースがgoodです。
キリっと冷えた白ワイン、イスキア島のフォラステラといかがでしょうか。グラス\1,000です

イタリア料理 北新地 ア・フリーク のサービス一覧

イタリア料理 北新地 ア・フリーク